スウィーツ雑学‐チョコレートのお話

チョコレートと鼻血

2012年09月01日(土) 

 
 しばらく真面目に?!チョコレートのお話をしてきましたが
 (してきたつもりですが)…ちょっとまた脱線します

 私事ではありますが…やっと朝晩涼しくなりましたが、
 我が子たち、今夏も炎天下の中を走り回っては本当によく鼻血を
 出しました

 それでふと思い出したのですが、今まで読んだ本では全て
 「チョコレートを食べたら鼻血が出る」という説に関して
 否定されていますね〜
 栄養があるからそう言われてきたのか、子どもたちが食べ過ぎ
 ないためにわざと言っていたのかわかりませんが…
 ですが、我が子たち、チョコレートを食べると必ずと言って
 良いほど鼻血がでます
 不思議です…
 「病は気から」のようなものでしょうか?
 ここで「鼻血は出ないから大丈夫よ♪」と安心させてあげれば
 よいものの、あえて「出るよ〜」と言い続けるのでした

ページトップへ

ココアは…

2012年07月23日(月) 

 
 前回は少し話がそれていましたが…
 その前はチョコレートの工程についてお伝えしました。

 ではではココアは?
 ココアは、カカオニブをすりつぶすまではチョコレートと
 同じ工程です。
 その後、チョコレートは材料を混ぜるのですが、ココアの場合は
 1.カカオマスからカカオバターを分離させて
   カカオケーキ(塊)を作ります。
 2.カカオケーキを砕いて、粉砕機などにかけて細かく
   粒子化します。
  これでココアパウダーの出来上がりです

 調整ココアの場合は、これに砂糖や粉乳を加えますが
 これまた健康志向ブームの今、純ココアが流行っていますね。
 実はカカオロマンスでもココアを販売していることご存知でしたか?
 調整ココアもおいしいものがたくさんありますが、
 たまには時間をかけてじっくり練って(とはいえ…夏場はつらいかも しれないので、秋でしょうか…
 マイココア?をお楽しみくださいませ。

 プードルドカカオ 520円(税込)

ページトップへ

スウィーツ雑学ではない?!

2012年07月18日(水) 

 前回、博多埠頭へチョコレートが到着した写真をアップしましたが
 その埠頭から見える福岡の風景をご紹介します。
 完全にスウィーツ雑学からそれていますが…

 

 まぁるく見えているのが、
 福岡が愛する鷹軍団の「福岡ヤフージャパンドーム」
 その横は野球観戦時におすすめのホテル「ヒルトン福岡シーホーク」
 そして少し離れて…一番高い建物が福岡タワーです。
 福岡へお越しの際はドーム周辺も楽しいかもしれませんね

 
 小さく映っている観覧車。これは海の中道海浜公園です。
 ここはものすごく広い公園で、近隣にはマリンワールド(水族館)
 サンシャインプールもあって、子どもたちには大人気スポット
 (親はかなり疲れます)です。

 本当にスウィーツからそれました
 ちょっとした福岡情報でした。

ページトップへ

博多埠頭へやってきた!?

2012年07月18日(水) 

 
 前回の続きです

 さあ、これから!
 はるかかなたスイスのフェルクリン社から
 福岡のカカオロマンスまでチョコレートたちがやってきます。
 
 フェルクリン社とは?
 ミルクチョコレートをはじめて世に送り出したのはスイスですが
 その田舎町シュイッツ市にあるマックスフェルクリン社から
 当社は原料であるチョコレートを自社輸入しています。
 世界中から厳選したカカオビーンズを、今ではヨーロッパでも
 ほとんど使用されていない石ローラーで72時間コンチングする
 という伝統製法をかたくなに守り続けている会社です。
 原料メーカーとしては小さな会社ですが
 世界一プライドの高い希少なメーカーなのです

 カカオロマンスはそのスイスから40フィートの低温コンテナ船に
 より博多港に荷揚げする国内唯一の専門店なのです!
 
 
 このコンテナ船が到着!すごいですね〜あまりにも大きすぎて
 びっくりしてしまいます。
 この撮影は数年前にマネージャーがしたものですが、
 いろいろ船乗りさんから教えてもらったとか。
 うらやましい
 
 

 丁寧におろしてくれていますね〜
 写真を撮影したのは夏期で時期的に量が少ないのですが(これでも
 秋には何倍ものチョコレートが運ばれてくるとのこと。
 想像しただけでも驚きです。 
 

ページトップへ

│ カカオロマンスのこだわり │ お店紹介 │ 会社案内 │ 掲示板 │ オンラインショップ │ サイトマップ │ プライバシーポリシー │ 特定商取引に基づく表記